一般・小児歯科GENERAL PEDIATRIC



子どものときから“歯を守る”ことが重要です -小児歯科-

当院では、穴が空いた歯に銀歯などの詰めものをするその場しのぎの治療は、
子どもに対する治療ではないと考えております。
虫歯になる前に健全な永久歯列を育成することが重要だと考えている当院では、
準備・治療・予防のステップを踏んで治療を進めていきます。

1

準備期間

虫歯のできにくいお口の環境へと改善する期間です。この時期にお子様と十分にコミュニケーションを取ることで、歯医者が怖いというイメージを軽減させ、信頼関係を築くようにします。

2

治療期間

できてしまったむし歯の治療を行い、本来の機能を回復する期間です。

3

予防期間

むし歯ができないよう、お口の健康を維持する期間です。歯のクリーニングやフッ化物で歯のコーティングを行い、美しく健康的な歯を育てます。

キッズスペース完備!毎週水曜・金曜は、保育士による託児サービスも行っております

お子様に楽しく通院していただけるよう、広々としたキッズスペースをご用意。お母様の治療中も、こちらで待っていただけます。また毎週水曜日と金曜日『Mothers Day』。専任保育士がキッズスペースにてお子様をお預かりしておりますので、詳しくは当院までお問い合わせください。

基本は“歯を残す”治療 -一般歯科-

当院ではどのような治療であっても、「歯を残す」治療を基本としております。そのため、本当に悪くなったところだけを削除して修復する治療法を意識する「ミニマル・インターベンション(Minimal Intervention)」と呼ばれる治療方法を心がけ、尚且つ痛くない治療を提供しております。
むし歯治療では、詰めものの隙間からまた虫歯になってしまうことが多々ありますが、当院ではこれを防ぐためにも、隙間なくきちんとはめることで、虫歯になりにくい状態を作りだします。

こんな症状は、虫歯の前兆です!
  • 歯の表面の溝が黒い
  • 歯が欠けた・穴があいた
  • 水や甘いものがしみる
  • 舌でさわると引っかかった感じがする
  • 食べ物が同じ場所にひっかかる

医科レベルの滅菌を行っています

当院では、極力使い捨ての機材を使用し、繰り返し使用する機材は、専用の滅菌機で滅菌した上で、治療の直前に患者様の目の前で開封するようにしております。

金属から白い歯に着替えませんか?

保険治療で使用される金属の詰めもの・被せものは、身体にとってあまり良いものではありません。また見た目も良くないため、白くて安全な材質であるセラミックを当院ではおすすめしております。

精密、ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング 1面 \10,000 (マイクロスコープ使用)

日ごろの予防で再発防止を -定期検診-

歯や口元の健康を保つためには、ブラッシングといった日頃の予防が何より大切です。しかし家庭でのケアでは限界があるため、3ヶ月に1度は定期検診を受けることを当院ではおすすめしております。またPMTCと呼ばれるクリーニングを受けることで、白く美しい歯を保つことも可能です。